CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

歌旅日記blog版

豊田勇造の歌旅日記
<< 祝春一番2012コンサート(中) | main | アルバム「この海の向こうに」 >>
祝春一番2012(下)
2曲目の「それで十分」のあと、大久保くんに尺八のソロで「アメイジンググレイス」を吹いてもらう。
震災のあと、大久保くんが送ってくれたCDの中にこの曲が入っていて、とてもよかったので。
大久保くん、きっといろんな想いを込めて吹いていたに違いにない。

3曲目は「大文字」。
春に打ち合わせをしたときに、風太くんが「大久保くん、エルキュール上野とアフターアワーズと勇造とで東北コーナーを作りたい。最後に盛り上がってくれたらええなあ」
と言っていたので、繰り返しの「さあもういっぺん」を沢山の人で歌いたいと思い、
はじめは客席からみんなに上がってもらって、一緒にコーラスしてもらおうと考えていた。

でも、じっさいハルイチの会場に来てみると、時間とか、舞台の上とかがややこしそう。
それで、楽屋に来ていた友部正人くん、大塚まさじくん、田川律さん、ひでまろくんに声をかけて、一緒にステージでコーラスしてもらうことにした。

大久保くん、トランペットのローディ池田くん、エルキュールさんたちとは楽屋で練習しておいた。
長田タコちゃんも出てきてくれて、このメンバーがずらっと舞台に並ぶと「お、豪華やなあ」という声が客席から聞こえてきた。
(客席から出てきもらうつもりで、声をかけていた人たち、スミマセン)


「さあ、もういっぺん さあ、もういっぺん 火の消える前に」と繰り返すと客席のほうからも大きな声でコーラス。
とても嬉しかった。


出番が終わってからは、客席のほうに廻って、演奏を聴いたり、ビールを飲んだり、ワインをごちそうになったり、話したり。
会場の空もいい感じに暗くなってきた。

せっかく近くまで来たので、帰り道、江坂の景気屋に寄ってうまい焼き鳥とビールでバンドのメンバーと打ち上げ。
今年も無事、ハルイチ終了。 
| ライブのこと | 23:20 | - | - | - | - |