CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

歌旅日記blog版

豊田勇造の歌旅日記
<< 300000残り福 | main | 2009年6月6日の記憶その11 >>
2009年6月6日の記憶 その10
さて12曲目は「雲遊天下」。ここでこの日初めてのYUZOBANDの登場。心配していた天気、昨日まで雨だったのが今日は朝は曇っていたものの、午後から晴れ渡り、真っ青な空の下で歌う「雲遊天下」は格別だった。
13曲目は「チャオプラヤ河に抱かれて」。コンサートの曲順は、自分の気持ちの流れに合わせて決めることもあるけれど、演奏のスムーズさ、たとえばカポタストを一曲ごとにはめ変えなくてもすむような曲順で選ぶこともある。12曲目と13曲目はその流れ。
14曲目は「高野グランドマンションのブルーズ」。
takano
ギブソン345に持ち替える。このコンサートが決まったとき、「60歳だから赤いちゃんちゃんこを着るんですか?」と何人かの人にいわれた。「俺は赤いちゃんちゃんこは苦手。その代わりに、真っ赤なエレキギターで弾くさかい」とそのとき答えておいた、そのエレキギターでブルーズを弾いた。
バンドのメンバーはみんなブルーズが大好きで、達者。会場がこの一曲で急になごみ出した。
ところで、ドラムの永見君の前には布をかけた囲い板があったのがわかっただろうか。これについてはいづれまた詳しく。
| 6月6日円山音楽堂の記憶 | 20:21 | - | - | - | - |