CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

歌旅日記blog版

豊田勇造の歌旅日記
いとうくん
インドの神様
 
10月7日、いとうくんが亡くなった。

掲示板にもたくさんのひとがいとうくんのことを書き込み
してくれていて、うれしい。

「いとうくんってどんなひとだったのかな」
と思っている人もいるとおもうので、ちょっと長いけど
「いとうくん」という歌の歌詞をここに載せておきます。

歌詞カードの日付を見ると、この歌を作ったのは
2009年9月13日バンコクにて、とある。
けっこう最近だった。
このあたりから、がんになっていたのかもしれない。

「カトマンズレイン」というのは、インドやネパールが好きだった
いとうくんがよく酔っ払ってギターを弾いて歌ってくれた、
(知りあいが作った歌?)なかなかええ歌です。



「いとうくん」      作詞作曲・豊田勇造

東京に一人友達がいる   阿佐ヶ谷のアパートで暮らしている

生まれも育ちも東京江戸っ子だから   「東」と言ったつもりが「しがし」に聞こえる

どんな風に育ったかそれは知らない   でもイギリスに留学したことがあるらしい

帰りに寄ったインドで何かを見てしまい   髪を長くのばして帰ってきたという

 

君を紹介してくれたのは年上のカメラマン   二人が京都へ遊びに来たのは春の桜の頃

東山疎水のインクラインあたりで   写してくれた写真でポスターを作った

十年会わなくてもすぐに分かり合える   毎晩真夜中のジャムセッション

ワインとギター 自分の為だけの時間   満たされていたただそれだけで

 

阿佐ヶ谷北口の商店街で   古本屋をやってたことがあったね

夕方になったら誰かがやって来て   酒盛りの始まる店だった

酔ってベンツの上で眠ってしまい   ヤクザにだいぶたかられても

あんまりへこたれてなかった君   周りばかりをハラハラさせて

 

どうしてこんなに難しい ただ生きて行くことが   仕事が無ければ住む場所も無い

でも君はいつも何とかやって来れた   運がいいのか何かに見守られてるのか

小さな台所 ガンジーのポストカード   一緒に山に登った友達の写真

きれいに折りたたんだ日本手ぬぐい   そんな君の部屋をたずねる人達がいる

 

真夜中一人で酒を飲んでると   君と話したくなることがある 

でも君のところには電話がない   だからハガキを書いて出す

君を想えば聞こえてくる   あの雨の歌 カトマンズレイン

人々の祈りの満ちるところに   今夜も静かに雨が降る

 

君を想えば聞こえてくる   あの雨の歌 カトマンズレイン

人々の祈りの満ちるところに   今夜も静かに雨が降る


インドダージリン
| 人の話 | 13:34 | - | - | - | - |
あべちゃん

2010春一番 

おとつい30日はあべちゃん(阿部登)のお別れ会に行ってきた。
あべちゃんは大阪の名物コンサート「春一番」の名物プロデューサー。
沢山の人たちと沢山の花、そして拍手に送られてあべちゃんは旅立って行った。
お連れ合いのNIMAさんの送る言葉に皆、涙ぐんでいた。
会が終わってからビレッジプレスの村元さんと生駒の喫茶店であべちゃんのことを話した。


あべちゃんが入院してると聞いたのは27日の守口ライブの日。
守口ライブでは、主催のけい子さん、みゆきちゃんお世話になりました。
スタッフのみんなもご苦労さまでした。
『老いてこそロック』のなかのフレーズ「強く思い続けたら、いつかそこに立てるだろう」。
けい子さんの夢がひとつ叶いましたね。またいつかライブしましょう。


お別れ会からの帰り道、あべちゃんのことを想いながら自分にひとつ約束した。
それはこんな約束。
「いつか俺にも、歌うことのタイムリミットが来るやろうけど、あべちゃんのぶんまで、一年間長く歌えるようにやっていこう」

明日からのツアーもこんな気持ちでやろうと思ってます、イエイ!

| 人の話 | 23:41 | - | - | - | - |
塩次伸二
センシミーナ
京都の北山にあるMOJOで行われた塩次伸二、伸ちゃんのお別れ会に行ってきた。
伸ちゃんは元ウエストロード・ブルースバンドのギタリストで、その後自分のバンドを作って沢山の人と共演してきた。日本を代表するブルーズギタリストだった。
1972年の京都の幻野祭で俺の前に出たのがそのウエストロードで、ノリに乗った彼らの後にソロで出た俺は野次られっぱなし。おかげで、「大文字」の曲ができた。
アルバム『センシミーナ』ではリードギターを弾いてもらった。「花の都ペシャワール」の間奏で「あんまりソロらしくないソロにしてな」と言うたら、ばっちりそうしてくれた。
最近は京都に住んでいたので、拾得ライブのゲストにも来てもらったりした。ついこの間の京都嵯峨野の「音や」ライブの打ち上げで音やのママが「伸ちゃんと、勇造さんのジョイントライブをやりたい」と言ってくれていた矢先の出来事。
<写真は『センシミーナ』カセットブックの解説、写真の後列中央が伸ちゃん>


| 人の話 | 21:49 | - | - | - | - |